フコイダンの特徴

フコイダンは身体にいいとよく聞きますが、どのような点が優れているのでしょうか。フコイダンの特徴についてくわしく説明します。海中で生息している海藻類であるワカメ・昆布・もずくなどの表面は、ヌルヌルしていますよね。この成分こそがフコイダンです

海藻類ヌルヌルしているからこそ、外敵が侵入してくるのを防ぐことができるのです。そしてヌルヌルは海藻類が乾燥することも防ぐ役割があります。このようにヌルヌルした成分であるフコイダンは、海藻類のバリア機能であるという考え方が一般的でしょう。

さて、これだけ自分たちの身を守るバリア機能が発達している海藻類ですが、人間が食べることにより、身体に出来ている悪いものを治すこともできると考えられていますが、これはヌルヌルとしている水溶性食物繊維が大きな役割を果たしていると言われているのです。たとえば、腫瘍などが小さくなってしまうことや、消えてしまうことだってあるのです。

それではフコイダンは、どのような構造になっているのでしょう。硫酸化フコースの高分子多糖類で、キシロース・マンノース・ウロン酸・ガラクトースが含まれていて、さまざまな保護作用が働くといわれています。

たとえば、抗腫瘍作用・抗凝血作用・細胞接着阻害作用・抗炎症作用です。まだ、未知の世界で解明されていない部分も多いのですが、医療の分野でも研究されていて海藻由来酵素消化低分子化フコイダンは世界中の研究機関に注目を浴びている成分なのです。

次の頁→タイプで選ぶフコイダン