未分類

健康食品で摂取しよう

フコイダン身体に良い成分であり、病気もやっつけるフコイダンは、世界中の研究機関から注目を浴びていますが、もっと簡単に摂取することができるのでしょうか?海藻類から抽出したヌルヌルの成分は、健康食品として気軽にフコイダンの摂取ができるとされています。

しかし、健康食品と言っても数も多いですし、どのようなものを選択すればいいのか悩んでしまうという声もあるでしょう。フコイダンが含まれている健康食品について選び方のポイントについてお話します。

フコイダンには副作用がほぼないといわれていますので安心して、自分にあったものを選んでみるといいですね。ところで日本の海域でも多くの海藻類があるわけですが、やはり国産の海藻は身体にいいのでしょうか。たとえば、沖縄産のもずくは最高品質であるとも言われていて、フコイダンがものすごく多く含まれています。

成分表を確認しながら、国産もずくが100%に近いものを選ぶようにします。しかし、国産もずくであれば、それだけ高価なものになってしまうことから、簡単に摂取できる健康食品からはかけ離れてしまうでしょう。

毎日、確実に飲まなければ意味を成さないフコイダンですから、購入しやすい価格帯のものを探すことが重要です。

未分類

タイプで選ぶフコイダン

毎日でも摂取したいフコイダンは、健康食品から摂るようにしたいですね。1日の摂取量はおよそ1g ~3gとされていますので、量的にも続けやすいのではないでしょうか

フコイダンさて、健康食品に含まれているフコイダンですが、さまざまなタイプになって販売されているのを見たことがあるという人もいるとおもいます。何を選べないいのか悩むはずですが、自分が飲みやすいもの、金額的にも続けられるものを選択するようにしましょう。

たとえば、ドリンクタイプは飲みやすいです。しかし、瓶に入っていることから高値になってしまいがちです。カプセルなどもとても飲みやすいですが、これも瓶タイプまでとはいきませんが、成分がよいものが多く高値である場合が多いです。

それではフコイダンを粉末にしていますので、自分の好みにあった飲み物と混ぜることで美味しく飲めるでしょう。たとえば、牛乳や緑茶などは、フコイダンを混ぜてもスッキリと溶けて飲むことにも苦労しないはずです。

海藻類についているフコイダンが身体に良いことがわかりましたでしょうか。日本人は納豆やオクラなどのヌメリ成分が大好きな国民です。きっとフコイダンも気に入るはずです。ぜひ健康のためにも摂り入れてみてください。

次の頁→健康食品で摂取しよう

未分類

フコイダンの特徴

フコイダンは身体にいいとよく聞きますが、どのような点が優れているのでしょうか。フコイダンの特徴についてくわしく説明します。海中で生息している海藻類であるワカメ・昆布・もずくなどの表面は、ヌルヌルしていますよね。この成分こそがフコイダンです

海藻類ヌルヌルしているからこそ、外敵が侵入してくるのを防ぐことができるのです。そしてヌルヌルは海藻類が乾燥することも防ぐ役割があります。このようにヌルヌルした成分であるフコイダンは、海藻類のバリア機能であるという考え方が一般的でしょう。

さて、これだけ自分たちの身を守るバリア機能が発達している海藻類ですが、人間が食べることにより、身体に出来ている悪いものを治すこともできると考えられていますが、これはヌルヌルとしている水溶性食物繊維が大きな役割を果たしていると言われているのです。たとえば、腫瘍などが小さくなってしまうことや、消えてしまうことだってあるのです。

それではフコイダンは、どのような構造になっているのでしょう。硫酸化フコースの高分子多糖類で、キシロース・マンノース・ウロン酸・ガラクトースが含まれていて、さまざまな保護作用が働くといわれています。

たとえば、抗腫瘍作用・抗凝血作用・細胞接着阻害作用・抗炎症作用です。まだ、未知の世界で解明されていない部分も多いのですが、医療の分野でも研究されていて海藻由来酵素消化低分子化フコイダンは世界中の研究機関に注目を浴びている成分なのです。

次の頁→タイプで選ぶフコイダン